TEAM

DSOCのメンバー







70

常樂 諭

Satoru Joraku

取締役
DSOC センター長

大手SIerを経て、創業メンバーとして参画。クラウド名刺管理サービス「Sansan」の開発部長・プロダクトマネジャーを経て、現在は名刺のデータ化やデータの分析・活用を行うDSOCのセンター長を務める。機械学習を中心とした技術を活用し、世界を変える新たな価値を探索する。

Facebook

  • 研究開発部(R&D部門)
  • サービス開発部
  • Other

研究開発部(R&D部門)

  • 永井 晋平

    Shimpei Nagai

    研究開発部 部長

    2007年、Sansan株式会社の第一号社員として入社。クラウド名刺管理サービス「Sansan」の開発に従事し、現在は研究開発部の部長を務める。Sansanのミッション実現に向けて、DSOCのメンバーやプロジェクトのマネジメント業務を精力的に行う。

Automation Group

これまでにない速度と限りなく100%に近い精度を目指し、画像認識や機械学習などの技術を用いて、名刺やビジネス文書といった非定型でアナログな情報のデータ化を効率化・自動化する技術の研究開発に取り組む。

  • 小林 幸司

    Koji Kobayashi

    研究員

    大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修了。在学中はシミュレーションや数値計算を学び、その後OCRソフトウエアの研究開発を行う。現在はDSOCで画像処理や機械学習などの研究開発に従事する。Sansan Innovation Lab勤務。

  • 高際 睦起

    Mutsuki Takagiwa

    研究員/理学博士

    東北大学大学院理学研究科物理学専攻博士課程修了。Kaggle Grandmaster。画像認識、機械学習を使った研究開発に従事する。Sansan Innovation Lab勤務。

  • 内田 奏

    So Uchida

    研究員

    東京電機大学大学院工学研究科修士課程修了。在学中は深層学習を用いた画像生成・変換に関する研究に取り組む。学生時代からDSOCのインターンとして名刺画像の品質およびOCR精度の改善に関する研究開発に従事。「cvpaper.challenge」や「コンピュータビジョン勉強会@関東」などで登壇。 PyTorch Lightningコントリビューター。

< 他数名在籍 >

Data Analysis Group

機械学習、自然言語処理、画像処理といった技術を用いて、あらゆるビジネスデータを収集・解析する。多様なビジネスデータを組み合わせることで、レコメンデーションエンジンやニュース配信エンジンなどを構築するほか、情報の正誤や新旧を判別するエンジンの研究開発にも取り組んでいる。

  • 糟谷 勇児

    Yuji Kasuya

    R&Dアーキテクト/研究員

    早稲田大学大学院を修了後、大手精密機械メーカーに入社。R&D部門に配属され、画像処理、データ解析技術の開発などを担当。現在はDSOCの研究員として名刺データを活用した認識・判別技術の開発に従事。主に、データ化ミス検出技術、名寄せ判定技術、名刺リコメンド技術の開発などを担当。

  • 高橋 寛治

    Kanji Takahashi

    研究員

    長岡技術科学大学大学院工学研究科修士課程電気電子情報工学専攻修了。在学中は、解析ツールの研究開発や機械翻訳の評価手法の考案など、自然言語処理の研究開発に取り組む。現在は、キーワード抽出など自然言語処理に関連する研究開発に従事。

  • 林 愛空

    Naruhiro Hayashi

    研究員

    東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士課程単位取得退学。物理と情報の境界領域で大規模システムの研究後に従事した後、広告代理店でDSPなどアドテクノロジーにおける広告配信アルゴリズムの研究開発を行う。現在は機械学習などの研究開発を担当。

  • 大隅 智春

    Tomoharu Ohsumi

    テクニカル・エヴァンジェリスト
    研究員/工学博士

    慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻後期博士課程修了。外資系IT企業や大手メーカー、教育関連企業で、レコメンデーション、ビックデータ、機械学習の研究開発、実用化およびマネジメントに従事。現在は、研究開発の傍ら、AI・データ活用の啓蒙活動なども行う。

  • 吉村 皐亮

    Kosuke Yoshimura

    研究員

    京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻博士前期課程修了。在学中は、クラウドソーシングの品質管理法やマルチラベル分類予測アルゴリズムの研究開発に取り組む。クラウドソーシングのさらなる利活用と、機械学習手法の実応用を目指す。

  • 塩崎 裕美

    Hiromi Shiozaki

    研究員

    東北大学大学院情報科学研究科博士前期課程修了。卒業後は、大手精密機器メーカーで機械学習を用いた画像処理技術の研究開発に従事。現在は短時間勤務中で、名刺データからロゴを抽出する技術などを研究。

  • 橋本 航

    Wataru Hashimoto

    研究員

    九州大学大学院工学府修士課程修了。在学中は、第一原理計算に対するベイズ学習の応用研究に取り組む。現在はベイズ学習を始めとした、さまざまな機械学習技術の実応用に関する研究開発に従事。

  • 李 星

    Xing Li

    研究員

    中華人民共和国出身。ブリストル大学大学院修士課程修了。在学中は、機械学習やデータマイニング、ハイ・パフォーマンス・コンピューティングを専攻し、生成モデルのサンプリング手法の研究開発に取り組む。現在は、リンク予測に関するアルゴリズムを応用した、レコメンデーションエンジンの研究開発と精度向上に従事する。

  • 保坂 大樹

    Taiju Hosaka

    研究員

    早稲田大学大学院創造理工学研究科経営システム工学専攻修了。在学中は機械学習やデータマイニングを専攻し、ウェブの閲覧履歴データに対する分散表現手法の研究開発に取り組む。現在は名刺交換データに対する機械学習技術の応用研究に従事。

  • 黒木 裕鷹

    Yutaka Kuroki

    研究員

    東京理科大学大学院で、ネットワークデータに対するブートストラップ法の研究で修士号を取得。在学中は、株価の定量分析や時系列の異常検知など、さまざまな分析プロジェクトに携わり、統計関連学会連合大会での優秀報告賞をはじめとして、受賞歴複数。現在は人物検索アルゴリズムの研究開発に従事。kaggle expert。

    Blog

  • 大垣 翔

    Sho Ogaki

    研究員/理学博士

    大阪大学大学院理学研究科数学専攻博士後期課程修了。専門は数論幾何学。大学院修了後、一貫して数理モデルやデータサイエンス関連の業務に携わる。金融系SIerで大手金融機関向け金融モデルの開発や、AI関連のスタートアップ企業でさまざまな企業との機械学習活用に向けたPoCに従事した後、Sansan株式会社に入社。現在はプロダクトを成長させるべく、ビジネスネットワークのデータを活用した新機能の検証や、キーワード抽出など要素技術の改良に取り組む。

SocSci Group

経済学、経営学、社会学、複雑ネットワークなど、社会科学の各領域を専攻するメンバーで構成。研究を通して得られた知見や成果を事業やサービス、社会へと還元し、ビジネスの出会いが持つ可能性と価値を拡張することに取り組む。また、外部有識者との共同研究も積極的に展開している。

  • 西田 貴紀

    Takanori Nishida

    研究員

    一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了。専門は計量経済学、労働経済学。在学中は、非正規労働者の教育訓練に関するデータ解析に取り組む。ビジネスネットワークのデータを活用し、労働移動に関する研究などに従事。

  • 真鍋 友則

    Tomonori Manabe

    研究員/経営学修士

    東北大学生命科学研究科博士前期課程修了。筑波大学ビジネス科学研究科博士前期課程修了(MBA)。現在、同大学院博士課程後期在籍中。データ活用の、新たなかつビッグな可能性を見出すことを目指している。

  • 前嶋 直樹

    Naoki Maejima

    研究員

    東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。同博士課程在籍中。専攻は社会学、メディア論。主に社会ネットワーク理論を用いて、学級内のつながりから労働市場・結婚市場までを幅広く研究。現在は、名刺交換ネットワークの価値を最大化する新サービスの研究開発に従事している。

    Blog

  • Juan Martínez

    研究員/経済学博士

    エルサルバドル共和国出身。慶應義塾大学経済学研究科博士課程修了。卒業後は、労働・教育・開発経済学に関する研究を行いながら、フィンテック系ウェブサービスのバックエンド開発に従事。現在は、名刺交換に関するデータを用いて、経済学の研究やソーシャルネットワークの分析、機械学習に基づく研究開発を行う。

  • 臼井 翔平

    Shohei Usui

    研究員/工学博士

    東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻博士課程修了。同大学先端科学技術研究センター特任助教を経て、2019年より現職。計算社会科学・複雑ネットワーク科学を用いて、人のつながりや情報の流れを研究。現在は、複雑ネットワークの知見を用いて、名刺交換ネットワークから新しい価値を生み出す研究開発に従事する。

  • 小松 尚太

    Shota Komatsu

    研究員

    東京大学大学院農業・資源経済学専攻修士課程修了。開発経済学と因果推論を学ぶ。卒業後、インターンとしてコートジボワールの国際農業研究機関に在籍。稲作農民を対象としたフィールドワークや分析、作物多様化に関する調査など、サブサハラ・アフリカにおける農業研究に従事。2020年、Sansan株式会社に新卒として入社し、現在はネットワーク経済学の応用を研究する。

Arc Group

研究開発部によるR&Dの成果を新たな体験としてサービスに実装するための設計・運用に取り組む。また、研究開発環境における生産性、安全性や可用性を担保し、DSOCが取り扱うデータを整備することでデータの品質を維持・向上させることに取り組む。

  • 島 貴宏

    Takahiro Shima

    チーフR&Dアーキテクト

    公立はこだて未来大学大学院博士前期課程修了。状態の悪い歴史的文書史料に対する画像処理・デジタルアーカイブについて専攻。DSOCでR&D Group(現・研究開発部)の立ち上げを担う。以来、システム基盤の設計・開発・システム運用・アーキテクトなどを幅広く担当。札幌ラボ勤務。

  • 鷹箸 孝典

    Kosuke Takanohashi

    R&Dアーキテクト

    金沢工業大学大学院工学研究科情報工学専攻博士前期課程修了。研究員が研究開発したエンジンをシステム化するための設計・開発・運用・アーキテクトなどを担当する。

  • 神林 祐一

    Yuichi Kanbayashi

    R&Dアーキテクト

    2016年にSansan株式会社へ入社し、Sansan事業部プロダクト開発部に所属する。関西支店に勤務し、地方拠点では初となる開発チームの立ち上げを経験。クラウド名刺管理サービス「Sansan」の開発に携わりながら、チームの心理的安全性向上と自己組織化を推進する。2019年にDSOCに所属を移し、現在は研究開発部でDeveloper Experienceの改善を担当。

  • 有山 涼

    Ryo Ariyama

    データエンジニア

    前職では、SIerで大企業と連携して分析基盤構築のプロジェクトに携わる。2018年にSansan株式会社へ入社。データ分析基盤の開発、データのライフタイムをマネジメントし、分析基盤やデータの品質担保と品質向上を担当する。

  • 鈴木 賢志

    Kenji Suzuki

    R&Dアーキテクト

    大規模SIerで画像処理基盤やドローンを活用した測量サービスなど、さまざまななクラウド開発に従事。2019年にSansanへ入社。ウェブサービスの開発経験を活かし、現在はSansan Labsを中心に研究員が開発したサービスの構築を担当する。

  • 末田 智之

    Tomoyuki Sueda

    R&Dアーキテクト

    京都産業大学大学院先端情報学研究科博士前期課程修了。在学中は、近距離通信による情報拡散に関する研究に取り組む。2020年、Sansan株式会社に新卒として入社。現在は、研究員が開発したシステムの構築・運用などを担当。

  • 鈴木 翔大

    Shodai Suzuki

    データエンジニア

    前職では、データエンジニアとして広告プラットフォームの分析や、データ分析基盤の開発・運用に従事。2020年にSansan株式会社へ入社し、研究開発部におけるデータ分析基盤の開発・運用を通してデータ活用の促進に取り組む。

サービス開発部

  • 三国 勝久

    Katsuhisa Mikuni

    サービス開発部 部長

    エンジニアとして、さまざまな規模の企業に勤務。前職では、ウェブサイトの制作ディレクションや開発に従事する。2013年にSansan株式会社へ入社。それまでのエンジニア職から転身し、現在は名刺のデータ化の運用管理を主務とする。新規プロジェクトにも参画し、プロジェクトマネジメントから運用フローの構築まで幅広く携わる。

  • 森本 和伸

    Kazunobu Morimoto

    サービス開発部 副部長/エンジニアリングマネジャー

    電気通信大学大学院電気通信学研究科情報工学専攻博士前期課程修了。在学中はウェブマイニングを専攻。卒業後は、大手電機メーカーで主にウェブを利用したサポートや直販サイトの企画、開発、営業を担当。2014年にSansan株式会社へ入社し、現在は名刺データ化システム「GEES」の開発リーダーとして、自身でもコードを書きながら究極のデータ化を目指す。

Data Management Group

名刺のデータ化運用をはじめ、DSOCやSansan事業内の様々なアナログ媒体のデータプロジェクトをマネジメントする。

  • 三原 樹里

    Juri Mihara

    関西大学を卒業し、食品メーカーで2年間セールス業務に従事した後、2015年にSansan株式会社へ入社。クラウド名刺管理サービス「Sansan」のインサイドセールス、既存営業、業務委託営業など、営業職を担当する。その後DSOCに配属となり、現在はデータ活用に向けた新規プロジェクトのマネジメントや、日本語以外の名刺のデータ化における国外リソースの活用を担当する。

  • 田村 彩香

    Ayaka Tamura

    前職で人材業界の営業を経験し、2015年にSansan株式会社へ入社。クラウド名刺管理サービス「Sansan」のインサイドセールス部門、営業部門を経て、DSOCに所属。現在は、名刺のデータ化におけるQCDの管理のほか、さまざまなプロジェクトに関わり、DSOCが持つ高いデータ化技術の水平展開を目指す。

< 他数名在籍 >

GEES/JES Group

DSOCが独自に開発した名刺データ化システム「GEES」の開発をメインに、そのノウハウを活かしたアナログ媒体のデータ化システムを開発する。

  • 相川 俊介

    Shunsuke Aikawa

    エンジニア

    SIerや事業会社、ベンチャー企業など、幅広い業界でさまざまな開発プロジェクトに従事。2018年にSansan株式会社へ入社し、名刺データ化システム「GEES」の開発・運用を担当する。現在はプロジェクトマネジャーを兼ねながら、GEESを含めたさまざまな情報のデータ化に向き合う。

  • 木田 悠一郎

    Yuichiro Kida

    エンジニア

    早稲田大学社会科学部卒業。在学中にプログラミングを独学し、ベンチャー企業でのインターンシップなどを経験した後、SIerやRuby on Railsを専門とした受託開発企業などで勤務。2018年にSansan株式会社へ入社。名刺アプリ「Eight」のフロントエンド・サーバーサイドの開発、名刺データ化システム「GEES」の開発・運用を経て、現在は新規サービスの開発に従事する。

< 他数名在籍 >

Nayose Group

名刺に記載されている人物・会社の情報を識別・統合し、識別番号を採番する「名寄せ」のシステムの設計・開発を行う。

  • 石畑 翔平

    Shohei Ishihata

    エンジニア

    2014年、Sansan株式会社に新卒として入社。名刺データ化システム「GEES」の開発に従事し、多種多様な名刺と向き合う。現在は名寄せに関するシステムの開発とプロダクトへの活用を担当し、名刺にあらゆるビジネスデータがひも付く世界を目指す。

  • 熊家 賢治

    Kenji Kumaie

    エンジニア

    全体が見える仕事・開発を大切にする仕事を求め、2011年にITサービス企業からSansan株式会社へ入社。Sansan事業部プロダクト開発部で、プロジェクト管理・設計・開発・運用などを通して、クラウド名刺管理サービス「Sansan」の開発全般に携わる。現在はDSOCに所属し、Sansanや名刺アプリ「Eight」が共用する基盤システムの開発に従事。

  • 村田 千紘

    Chihiro Murata

    エンジニア

    前職では、ソフトウエア開発企業でRubyやJavaを主要言語としたウェブアプリケーションの開発を担当。2018年にSansan株式会社へ入社し、現在はデータベースの名寄せに関するシステム開発に従事する。

< 他数名在籍 >

データ編纂 Group

「Sansan」「Eight」上のニュース配信システム、請求書のオンライン受領サービス「Bill One」のデータ化システムなど、DSOCのノウハウを活用した新しい機能を設計・開発する。

  • 近藤 悠太郎

    Yutaro Kondo

    エンジニア

    公立はこだて未来大学大学院博士前期課程修了。前職では、大手電機メーカーでミドルウエアの開発に従事。2017年にSansan株式会社へ入社し、現在はクラウド名刺管理サービス「Sansan」および名刺アプリ「Eight」が共用する基盤システムの設計・開発を担当。一筋縄ではいかないデータに向き合い、オペレーションとテクノロジーの組み合わせで課題を解決するため、日々の業務に取り組む。

< 他数名在籍 >

Bill One Entry Group

  • 小山 崇宏

    Takahiro Koyama

    エンジニア

    新卒でスマートフォン向けゲームの開発会社に入社。Ruby on RailsでゲームのWeb APIや社内システムの開発に従事する。2019年にSansan株式会社へ入社し、請求書のオンライン受領サービス「Bill One」のデータ化システムのチームに所属。名刺データ化のノウハウを活用した、請求書のデータ化システムの開発に取り組む。

< 他数名在籍 >

Contract One Entry Group

  • 伊藤 大輔

    Daisuke Ito

    エンジニア

    「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションに共感し、2017年にベンチャー企業からSansan株式会社へ転職。名刺アプリ「Eight」の開発に携わった後、DSOCに所属を移し、名刺のデータ化システム「GEES」や人事異動情報のデータ化システム「JES」の開発を行う。現在は契約書のデータ化ソリューション「Contract One」の立ち上げに従事。ビジネスの世界をアップデートすべく、日々アナログとデジタルのはざまに潜む曖昧さと向き合う。

< 他数名在籍 >

Infrastructure Group

DSOCのシステム全体の運用・保守をおこなう。

  • 大澤 秀一

    Shuichi Ohsawa

    インフラエンジニア

    前職では、ウェブエンジニアとして携帯電話向けコンテンツサイトの開発・運用、オンプレミスからAmazon Web Services(AWS)への移行、AWSを活用したウェブサービスのインフラ構築・運用に従事。2015年にSansan株式会社へ入社した後は、名刺データ化システム「GEES」のインフラ運用や開発基盤の改善を担当する。

< 他数名在籍 >

データ戦略室

  • 芳賀 諭史

    Satoshi Haga

    データ戦略室 室長

    国際基督教大学を卒業し、新卒で総合人材サービス企業に入社。M&Aに伴う人事領域の業務統合や人事システム構築など、多数のプロジェクトを担当。Sansanに入社後は、データインテグレーションに関する複数の新規サービスの立ち上げ、さまざまな企業との戦略的事業アライアンスの締結など、データ関連のビジネスディベロップメントに従事。2020年5月にDSOCデータ戦略室の設立に伴って室長に着任し、新規事業開発やアライアンスを担当。

Creative Group

  • 山脇 直人

    Naoto Yamawaki

    ブランドクリエイター

    制作会社での勤務、フリーランスとしての活動を通して、さまざまな業種の企業に対してチラシやカタログ、パッケージ、展示会ブース、ウェブサイトなど多様な媒体での企画、デザイン・ディレクション業務を経験。2018年にSansan株式会社へ入社し、現在はブランドコミュニケーション部を兼務しながら、DSOCのブランド価値向上を主なミッションとして幅広いクリエイティブと向き合う。

  • 原田 統野

    Touya Harada

    ブランドエクスペリエンスデザイナー

    デザイン専門学校を卒業後、広告制作会社に入社。企画・制作業務を担当し、さまざまな企業や製品のデザイン・ブランディングに携わる。2018年にSansan株式会社へ入社。ブランドコミュニケーション部を兼務し、デザインや体験を通して、「出会い」の価値向上を目指す。

< 他数名在籍 >

JOIN 
US

SHARE THIS PAGE

Data Strategy &
Operation Center

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-29
One表参道 6F

加盟団体

© Sansan, Inc.

SCROLL