ABOUT

DSOCについて

OVERVIEW

DSOC Data Strategy & Operation Center

DSOCは、Sansan株式会社のデータ統括部門です。

私たちが取り扱うデータは、
名刺だけではありません。

名刺、書類、プレスリリース、業績や株価など企業の公開情報――
あらゆるビジネスデータから
「出会いのデータベース」を構築する。

一つひとつのデータは、
とても小さなものです。
その中には、
単体ではデータとしての可能性を
見いだされないままだったものさえあります。

DSOCのミッションは
「Activating Business Data」。

私たちは、
あらゆるビジネスデータに向き合い、
自社が展開するサービスだけでなく、
社会の在り方、
そして「出会い」そのものにイノベーションを起こすような
新しい可能性を生み出しています。

HISTORY



Sansan株式会社は、
創業当時より名刺をデータ化する専門部門を設置しています。
創業初期は、オペレーターが専用システム内で
名刺画像を見ながら1枚ずつ手入力していくという
アナログな体制でデータ化を行っていました。

その後の事業成長に伴って増え続ける名刺枚数に対応するために、
有限のリソースを超える独自技術の研究開発を目指し、
2013年に文書画像解析のスペシャリストが専門的な研究を行う
R&D(Research and Development)部門を創設しました。
これにより、OCRに加えて、事業のグローバル展開も見越した、
言語に依存しない独自の画像解析エンジンや機械学習を用いて
名刺のデータ化を効率化・自動化する研究開発をスタートしました。

ビジネスシーンにおいて、名刺を本当の意味で活用するためには、
高精度のデータ化が不可欠です。
「コストを掛けてでも、精度を優先すべき」と考え、
テクノロジーの力とオペレーターの人力を組み合わせて、
今日まで名刺をデータ化し続けています。


DSOC

世界に類を見ないデータベースと高度な専門技術や
システム運用の知見を有する組織へと成長した
データ化部門は、2016年11月に別組織だった
R&D(Research and Development)部門などの
メンバーを組織に加え、その部門名をオペレーション部から
「DSOC(Data Strategy & Operation Center)」へと改めました。

この組織名称の変更に伴い、
DSOCは「データ化」と「データの活用」という
2つの役割を担うこととし、
いままで以上に広い視野を持ってテクノロジーの力で
事業を牽引する組織として、
組織の目的も改めて定義しました。

大量の名刺を正確かつ効率的にデータ化する
独自のオペレーションシステム「GEES」の開発・運営、
クラウド名刺管理サービス「Sansan」で利用できる実験的な機能
「Sansan Labs」をはじめとした機能開発などの展開を通じて、
現在もSansan株式会社の事業成長を支え続けるとともに、
研究開発を通して新たな価値を創出することで
事業成長を牽引する組織としても活動を続けています。

SHARE THIS PAGE

Data Strategy &
Operation Center

〒107-0061 東京都港区北青山3-5-29
One表参道 6F

加盟団体

© Sansan, Inc.

SCROLL